最速でTOEICでハイスコアをゲットするために・・・

なたはまだ“高学歴や帰国子女”というだけで、ろくにあなたのスコアを上げることが出来ない、TOEIC市場の“偽”英語教育者たちに大切なお金をつぎ込み続けるのでしょうか?

 

 

見せかけのDVD教材、高額塾や情報商材、そんなものに頼る事無くあなたが本当の意味でTOEICで高得点を取ることが出来る、本物のノウハウをこのサイトで公開させて頂きます。

 

今、あなたがこのサイトを読み始めた瞬間から、今までの勉強法がいかに間違っていたかに気づきます。

 

そして、当サイトを読み終える頃には、目の前の霧が晴たようにTOEICのスコアを最短で上げる方法がはっきりと分かるようになります。

 

もしもあなたが「そんなことはありえない」というのであれば、どうか今すぐにこのページを閉じてください。

 

このサイトでお伝えすること

・最速で結果を出すための正しい勉強
・多くの人が間違っている英単語の覚え方

・100年英語を聞き続けても聞こえるようにならない理由と対策

・発音練習で効果が出ない理由と対策
・TOEICに必要な英文法力
・TOEICの文法語彙問題を攻略するための勉強法。
・Part7の時間切れにならないための勉強法

・TOEICの勉強をサポートするアイテム ・・・等々

 

ここに1つでもあなたが知りたいと思う事があったなら、今すぐにこのサイトを読んでその答えを手に入れてください。

 

このサイトではその全てが私個人の経験ではなく、多くの生徒さんと検証に検証を重ねた事実です。なので、時間を取って真剣に読み進めて頂く事をお勧めします。

 

そしてこのサイトの全てを読み終えたなら、あなたはTOEICで高得点を取るためのたった1つの「答え」に辿り着く事が出来ます。

 

本編に入る前に・・・

 

「ゴミ、ゴミ、ゴミ、ほとんどのTOEIC参考書はゴミである。」

 

あなたは今のこのTOEICの参考書が溢れかえっている現状をどうお思いでしょうか?

 

最近では、詐欺的な参考書は減ってきましたが、実際に“あなたのスコア上げる”という肝心な目的を果たす事が出来る、そんな「本当に価値のあるノウハウ」を提供している参考書は、ほんの一握りしか存在しないと言っていいはずです。

 

もちろん、TOEICの傾向を徹底的に分析して作られているものもありますが、ただ、本番とそっくりな問題を提供しているだけで、どのようにして問題を解く力を身につけるのかということを書いた本は皆無といえます。

 

そういった基本的な力があって、初めてTOEICの参考書は意味を持つのです。

 

ただ、そもそも、たった一つの教材にそこまで求める事自体が酷ですし、そうそう簡単に出来る事ではないのです。

 

また、TOEICの学習法を紹介している本でも、出版社の都合上自社の参考書を優遇しているのに加えて、著者が天才すぎるために凡人には真似できない参考書が多すぎます。

 

天才のやり方は正しいか?

 

この前、TOEICの参考書を読んでいると英語ができない根拠として、小学生2年生の時にアルファベットが書けなかったことを上げている本までありました(当時、英語の学習は中1スタートでした)。

 

英語が苦手だったけど一念発起して英語をやり直して話せるようになったと書いている人の出身大学が慶応や東大だったというのは本当によくある話です。

 

英語の参考書を書いている人というのは英語が苦手と書いてあっても我々凡人の英語が苦手とは桁が一つも二つも違うのです。

 

もちろん、そういった方々ノウハウは参考になることは多いですが、そのまま採用するのは無謀ですし、危険極まりないといえます。

 

当サイトでは、いま出版されている英語参考書は詳細に分析し、ノウハウを作り上げ、実際に多くの生徒さん協力の元に作り上げた”本物のノウハウ”を紹介します。

 

つまり、机上の空論ではなく、全てがファクトベースのノウハウとなっています。

では、楽しんでいってください。